<< 手ぬぐいの使い方 ◆ブックカバー◆ | main | 採寸 >>

手ぬぐいの使い方 ◆ティッシュボックス包み◆

今日は、ティッシュボックスの包み方をご説明したいと思います。

手ぬぐいの幅が、ティッシュボックスにちょうどよく、

お誂えしたかのようにぴったり合います。

ただし、お鼻に優しいような、大きなサイズのボックスは包めませんので、

スリムタイプ〜レギュラータイプで行ってください。


今回も120cmの手ぬぐいを使用いたしますが、

通常の90cm程度の手ぬぐいでも作れますので、

是非やってみてください。


柄が全面にあるものか、両みみ側に寄っているもので包むと、

きれいにできます。

今回は柄の寄っている、折り鶴の柄で包みました。


ー蠅未阿い鮃げます。


▲謄ッシュボックスに合わせてサイズをたたみます。
下において…

真ん中くらいまで折って…

もう片方も折ります。


サイズの目安は、

ティッシュボックスを真ん中において…

左右を持ち上げるとティッシュの取り出し口に少しかぶるくらいです。

90cm程度の手ぬぐいなら、ちょうど半分くらいになります。

1βΔ里漾箱に手ぬぐいを沿わせたまま、片手で押さえ…

右上側の角を外に広げて…

上の辺も箱に沿わせてきます。





整えるとこんな感じになります。


けβΔ魏,気┐燭泙沺⊆,郎絃紊砲います。
角を持って…

広げて箱に沿わせると…

沿わせると…

このように舟のような形になります。


ゼ,郎限Δ魏,気┐董∈顕爾鮴阿┐討います。
左下の角を広げて…

下側を箱に沿わせて持ち上げます。

整えると、このようになります。


左右を結びます。
 最初からぎゅっと結ぶと崩れますので、仮結びをします。
 結ぶのはここです。

一回軽く結わえます。

もう片方も、軽く結わえます。

両方仮結びした状態です。


真結びにしていきます。
ぎゅっと結んで…

真結びです。

反対側もぎゅっとして…

真結びします。


完成です!


お部屋に合わせて、

ティッシュカバーを替えるのも楽しいですね♪



三日連続で手ぬぐいの使い方をご説明してきましたが、

いかがでしたでしょうか?


また別の機会に新しい使い方をご紹介出来ればと思います!


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
Ihee Hosotsuji
profilephoto
京都の社長.TV
5618_1.png
            
profile
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM