<< RAAK新柄「サボテン」 | main | 掲載『別冊太陽「京のたしなみ」』 >>

二十四節気「啓蟄(けいちつ)」

明日は、暦の二十四節気では「啓蟄(けいちつ)」。

 

七十二候の初候は「蟄中戸啓(すごもりむしとをひらく)」。

 

冬の間閉じこもっていた虫(や小動物)が

 

春の訪れを感じそっと土の中から顔を出す頃です。

 

「春雷」とも呼ばれる「虫出しの雷」は

 

立春後に初めてなる雷のことをさします。

 



さて、この頃のおすすめ柄は

RAAK
『おでかけテントウムシ』。

春の陽気に誘われてそわそわと

テントウムシがお散歩に。


春はもうすぐです。


calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
Ihee Hosotsuji
profilephoto
京都の社長.TV
5618_1.png
            
profile
search this site.
selected entries
categories
archives
links
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM